今までの様々な仕打ちに対するお返しに離婚を提案することに
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | -
    やや賢い同級生の家庭裁判所の離婚相談
    0
      やや賢い同級生の家庭裁判所の離婚相談 離婚請求する側が有責で相手が無責の場合には、「客観的に婚姻生活が破綻している」だけでなく「離婚により無責の配偶者が酷な生活状態に追いやられることがないための手当てをすること」などの制約の上で離婚が認められます。 慰謝料請求の時効は2年、財産分与の時効は3年です。『離婚届をとりあえず提出し離婚後に詳細を決める』といった取り決めは請求できなくなる可能性が出てきますので注意が必要です。 『大学進学の費用が養育費として請求できるか』が問題になります。判例では、大学教育をうけさせるだけの資力がある父親への請求で争いになった場合で、その子どもに大学進学の能力があれば大学教育を受けさせるのが普通家庭における世間一般の通例であるとして養育費を認めています。 今から離婚をしようとする方の大半は離婚の素人です。離婚のプロに相談し手続きの一部を手伝っていただくことで完全な離婚が可能になります。特に女性は離婚カウンセラーに相談すると安心感が断然違います。 ペットは子どもと同じなので、最近では財産分与の対象(どちらが飼うか)というよりペットの親権や養育費といった項目を離婚協議書に盛り込むようになってきました。 やや賢い同級生の家庭裁判所の離婚相談 旦那から離婚と言われる前に・・・《JUGEM版》 女性が有利に離婚するには 旦那と縁を切りた〜い《JUGEM版》 離婚するのは損か得か考える 離婚の危機をむかえています
      Posted by : えりごん | - | 16:48 | comments(0) | - | -
      TOP